アナルバイブを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方・方法について

アナルバイブを使った前立腺オナニー(アナニー)

 

アナル用のバイブも現在は種類や機能も様々ですが、初めて使うのであれば、シンプルな機能でそんなに高価なものでなくて良いので、手頃な価格のものを選ぶようにしましょう。

 

バイブレーション機能の付いた電動式のものは基本的に消耗品です。

 

商品保障や品質基準等もありませんので、長期使えるものに出会えるのは奇跡的とも言えるでしょう。

 

サイズ、大きさ、形状などは人によって好みが違いますので一言では言えませんが、特殊な形状などではなく、シンプルな形のもので太さは20ミリ以下ほどで、持ち手が付いているものを探してみましょう。

 

この条件のものでしたら比較的手ごろな価格ですし、種類も多く探しやすいでしょう。

 

店頭で購入するよりもネットで購入する方が安価で手に入りますが、どんなものか見てみたい、手に取って確かめたいという方は、一度お店で手に取って検討してみても良いでしょう。

 

不安を軽減する事が出来ます。

 

アナルバイブを実際に使用するにあたっても、まず指でほぐしてから挿入します。

 

20ミリ以下のものでしたら、指一本入る人でもゆっくり慣らせば入るでしょうが、30ミリ以上のバイブを挿入する場合は、指二本がすんなりと入るようになってから挿入します。

 

無理に挿入する事は避け、指でしっかりとほぐして慣れてから挿入するようにしましょう。

 

アナルバイブが入ったら、少しずつ違和感を取り除くように動かして行きます。

 

電動式のバイブを使用する場合は、振動したまま入れると入れにくいので、振動をオフにした状態で挿入し、違和感を感じなくなったらスイッチを入れる様にします。

 

ゆっくりと内部を撫でる様に動かし、自分が感じるポイントを探します。「当たったら気持ち良さを感じる」ポイントを見つける事が大切です。

 

そして見つかったらバイブは最強にはせず、徐々に振動を強くしていくようにします。

 

慣れないうちから振動を強くすると快感を中々得られませんし、中が開発されていれば少しの振動でもかなり気持ち良くなるので、最強にしなくても十分です。

 

振動にあまり気持ち良さを感じなければ、道具の相性が悪い・振動が元々好みではない、等の事が原因と考えられますので、見切りをつけてやめてみるのも手です。

 

自分の好みの感触をゆっくりと探してみましょう。

 

振動のみではなく、前後に出し入れしたりしてみる事でも新たな感覚を得る事が出来ます。

 

先端はアナルに入った状態で抜き差しを繰り返してみましょう。

 

この出し入れも、自分が気持ち良いと感じるポイントを探しながら行う事が大切です。

 

気持ち良いポイントが見つかれば、重点的にそこを刺激する事も手ですが、時々他のポイントを刺激してみるのも良いです。

 

それによってそれまで快感を感じた事の無いポイントでも、新たな感覚を感じたりする場合があるからです。

 

動き+振動で自分の好みの刺激を開発していく事が重要なのです。

 

前立腺オナニーにおススメのアナルバイブはこちら>>

関連ページ

指を使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方・方法について
指を使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方や方法をまとめて紹介しています。ドライオーガズムを体感したい人は必見です。
エネマグラを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方・方法について
エネマグラを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方や方法をまとめて紹介しています。ドライオーガズムを体感したい人は必見です。
ディルドを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方・方法について
ディルドを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方や方法をまとめて紹介しています。ドライオーガズムを体感したい人は必見です。
身近なものを使った前立腺オナニー(アナニー)について
身近なものを使った前立腺オナニー(アナニー)について紹介しています。ドライオーガズムを体感したい人は必見です。