ディルドを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方・方法について

ディルドを使った前立腺オナニー(アナニー)

 

こけし、張り型等様々な呼び名のある『ディルド』ですが、どういったものかと言えば「男根(ペニス)を模した道具」です。

 

そのビジュアルから男性を想像し、嫌悪感を抱いてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

使い慣れれば『ドライ』や『トコロテン』といった、前立腺オナニーの最高潮の快感を得易くなり、他の道具では比べ物にならない程の優秀な道具となるでしょう。

 

初めてディルドを選ぶ際には「アラブ」がおススメです。古くからあるグッズですしシンプルで使い易く、価格的にも安価なので初めて使うディルドとしてはおススメです。

 

サイズも様々ありますので、慣れないうちは一番小さなものから購入するようにし、慣れて来たら一段階ずつ大きなものを使うようにして行くと良いでしょう。

 

台座がついているので、床においても使えますし、壁などに貼り付けて固定する事が出来るので、あらゆる体位で楽しむ事が出来ます。

 

ですが、吸盤が強くない為、基本的には台座として使用するようにした方が安全ですので、床置きをおススメします。

 

ディルドの違いというとサイズ・材質・形・台座の有無ですので、自分で気に入ったものを選びたいという場合には、自分に入るサイズ・台座がついているもの、を基準に選ぶようにしましょう。

 

柔らかすぎるものは挿入の際入れにくいので、柔らかすぎるよりも少し硬めのものの方が扱いやすいです。

 

通常ディルドの中は一部を除いて空洞などでは無く、中まで材質のものが詰まっており冷たく感じます。

 

使う際にはぬるま湯に漬けて温めるか長時間手で握って、人肌位まで温まる様にしてから使うようにしましょう。

 

指やほかの道具を使用する時と同じように、ローションをたっぷりと使ってから使用するようにします。

 

材質がゴムの場合、ワセリン等を使うと、ひび割れたり等劣化しやすくなりますので使わないようにしましょう。

 

滑りが良すぎると感じる位つけておいた方が安心です。

 

ディルドは見た目が男根(ペニス)そのものなので、精神的な抵抗感を取り除く事が必要です。

 

「これはあくまでも道具。男性を自分が求めているわけではない。

 

ペニスではない」という事を意識的に考える様にし、あくまでもオナニーをする為の道具として認識するようにしましょう。

 

挿入する際はゆっくりと無理をせずに、お尻の力を緩める事を意識しながら挿入するようにします。

 

体位は横臥位が無理な力が入らず挿入し易いのでおススメです。

 

初めは入れにくいので、ゆっくりと時には抜き差しをしなが、ら少しずつ奥に入れていくようにし、痛みを感じたら止めるようにし、無理をしないように進めていきます。

 

まるで便が出入りするような不思議な感覚を感じますが、いずれゆっくりではありますが快感に変わってきます。その時まで焦らずにゆっくりと慣らして行くようにしましょう。

 

前立腺オナニーにおススメのアナルバイブはこちら>>

関連ページ

指を使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方・方法について
指を使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方や方法をまとめて紹介しています。ドライオーガズムを体感したい人は必見です。
アナルバイブを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方・方法について
アナルバイブを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方や方法をまとめて紹介しています。ドライオーガズムを体感したい人は必見です。
エネマグラを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方・方法について
エネマグラを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方や方法をまとめて紹介しています。ドライオーガズムを体感したい人は必見です。
身近なものを使った前立腺オナニー(アナニー)について
身近なものを使った前立腺オナニー(アナニー)について紹介しています。ドライオーガズムを体感したい人は必見です。