エネマグラを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方・方法について

エネマグラを使った前立腺オナニー(アナニー)

 

前立腺オナニー用のグッズには色々ありますが、

 

ここではもっとも基本となるアネロスを始めとするエネマグラ型(類似品が多いので、以降はアネロスを含めエネマグラ型と総じて称します)の基本形を使う方法を紹介したいと思います。

 

アナル洗浄とローション使用は基本中の基本

 

アナルグッズを使う時のもっとも基本である腸内の洗浄は必ず行いましょう。

 

これはエネマグラ型に限らないことで、アナルグッズの素材によっては洗浄せずに使うと臭いがこびりついて取れず、1度の使用で廃棄という可能性もあります。

 

浣腸の後は温水で洗い流し、空の状態にまですることがベストです。

 

続いて肛門にローションをたっぷり塗って和らげるようにします。初心者の場合はとくに念入りに行ってください。

 

塗る部分は肛門周辺だけでなくアナル内にもたっぷりと入れましょう。

 

塗り終わったら身体を左右どちらでも構わないので、横臥体制になり、膝を曲げて肛門を突き出す恰好をします。

 

続いてエネマグラ型の挿入部にもたっぷりとローションを塗り、肛門にあてがいます。

 

この時、肛門は排泄するための筋肉なので押し出す力が働きますが、押し返されないようにゆっくりと肛門を広げながら挿入していきます。

 

ある程度まで入ると、今度は肛門を締めるようにすれば、肛門が挿入部を飲み込むようにスルッと入ります。

 

焦らず時間をかけて快感を会得する

 

挿入後、挿入部の突起部分が必ず前立腺位置に当っているとは限りません。

 

アナルに挿入部が馴染んできたら、底部にあるリングに指を引っ掛けてゆっくりと動かし、前立腺のツボを探り当ててください。

 

この時に焦って動かすと直腸内の粘膜を傷つける原因になってしまうので、できるだけ慎重に行いましょう。

 

もっとも気持ち良い部分に当たったと思ったら、そこに神経を集中、あとは横臥体制のまま、肛門を締め付けるようにしてください。

 

エネマグラ型には会陰部を刺激する突起もあるので、肛門を締めるほど会陰部にも快感が走ります。

 

肛門の収縮と同時に挿入部が動き、前立腺を刺激します。

 

この収縮と弛緩が女性のヴァギナ内におけるペニスのピストン運動と同じ役割となり、やがてペニスをしごかなくても前立腺が押されて、分泌液がペニスの先からダラダラと流れるようになります。

 

個人差はありますが、早い人は最初から快感を会得できますし、3〜4回繰り返すことで、ほとんどの人が前立腺オナニーをマスターすることが可能です。

 

けっして焦らず、じっくりと前立腺オナニーを楽しんでください。

 

前立腺オナニーにおススメのアナルバイブはこちら>>

関連ページ

指を使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方・方法について
指を使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方や方法をまとめて紹介しています。ドライオーガズムを体感したい人は必見です。
アナルバイブを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方・方法について
アナルバイブを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方や方法をまとめて紹介しています。ドライオーガズムを体感したい人は必見です。
ディルドを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方・方法について
ディルドを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方や方法をまとめて紹介しています。ドライオーガズムを体感したい人は必見です。
身近なものを使った前立腺オナニー(アナニー)について
身近なものを使った前立腺オナニー(アナニー)について紹介しています。ドライオーガズムを体感したい人は必見です。