指を使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方・方法について

指を使った前立腺オナニー

 

前立腺オナニーを始める上でまずは「指で」のプレイが基本になります。

 

通常のオナニーでもそうでしょうが、道具等何もなくても指があればいつでも始める事が出来るのです。

 

まず始めは無理をせず、お尻の穴をほぐすように柔らかくしていくようにします。

 

アナルの穴は通常しっかりと閉じているので、無理に指を挿し入れたりこじ開ける様にすると、痛みを感じたり切れてしまったりし後が大変です。

 

体勢としては横向きに寝た状態である『横臥位』、または仰向けになり膝を曲げ、胸に近づけた体勢の『屈曲位』が行いやすいでしょう。

 

屈曲位で行う時には、腰の下にクッションを敷いて、腰を上げた状態にすると、長時間でも楽に体勢を維持する事が出来ます。

 

この二つの体位はお尻に無理な力がかからないので、緊張して体が強張りやすい初めての際にも適している体位なのです。

 

まずは一番小さな指である小指の先にローションを塗り、お尻の穴に塗り付ける様にしクルクルと穴を撫でてみましょう。

 

ヌルヌルとしたローションの感触はそれだけで心地良いので、ゆっくりと慣れるまでその感触を楽しむのも良いでしょう。

 

気分も盛り上がり指を入れてみたくなったら、ゆっくりと入れて行きます。

 

どうしてもこの時点で指が入らないという方は、緊張しすぎている可能性があります。

 

実際にお尻の穴からは小指の太さ以上の便を出しているので、小指が入らないという事は有り得ないからです。

 

意識して落ち着くようにし、ゆっくりと指を推し進めてみましょう。小指が中に入ったらゆっくりと出し入れするように動かしてみます。

 

この時痛みを感じるという場合は、潤滑剤が足りていない状態なのでローションを追加するようにします。

 

小指で問題なければ指を変え、人差し指を入れてみる様にしましょう。

 

人差し指は小指よりも動かしやすいですし、太さはまだ便よりも細いので抵抗が少なく入れる事が出来るでしょう。

 

必ずローションを付けて入れる様にして下さい。

 

無理に根元まで入れようとはせず、指先が肛門管(お尻の中で細く締まっている部分)の先にある、直腸部分(締まった部分の先にある広がった箇所)まで入れてみます。

 

上下左右にゆっくりと動かし、焦らずに息をゆっくりと長い呼吸を心掛ける事で、お尻を締め付けないので括約筋を無理せずほぐす事が出来ます。

 

締め付けがきつく上手くいかないという方は、意識して呼吸をゆっくりと整えて行うようにしましょう。

 

余裕が出て来たら、指を前後にも動かすようにします。

 

そしてだいぶ慣れてほぐれたと感じ始めたら、根元まで指を入れてみます。

 

出入り口がほぐれているので奥まで入れても大丈夫です。

 

爪の先で内部をひっかいたりして、直腸を傷つけないように心掛けます。

 

中ではゆっくりと指を動かし、ほぐすようにゆっくりと動かし慣らして行きます。

 

人差し指がすんなりと出し入れ出来る様になれば、親指に変えるか人差し指+中指の二本にするかを好みで変えます。

 

親指は長さが無いのですが、太さがあるので括約筋をほぐす上では向いている指になります。

 

二本入れるにも少しずつゆっくりと進めましょう。

 

一日で人差し指が入る様になる人もいれば、二日三日かかる人と様々です。

 

自分のペースを大切にし、無理をせずにゆっくりとほぐして行く事が大切です。

 

前立腺オナニーにおススメのアナルバイブはこちら>>

関連ページ

アナルバイブを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方・方法について
アナルバイブを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方や方法をまとめて紹介しています。ドライオーガズムを体感したい人は必見です。
エネマグラを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方・方法について
エネマグラを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方や方法をまとめて紹介しています。ドライオーガズムを体感したい人は必見です。
ディルドを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方・方法について
ディルドを使った前立腺オナニー(アナニー)のやり方や方法をまとめて紹介しています。ドライオーガズムを体感したい人は必見です。
身近なものを使った前立腺オナニー(アナニー)について
身近なものを使った前立腺オナニー(アナニー)について紹介しています。ドライオーガズムを体感したい人は必見です。